節約の仕方

【飲食編】毎月1万円節約する方法 節約はお金を増やす最短ルート

 

あなたは普段の生活で節約ってしてますか?

自分でお金を稼ぐことが難しくなっている今、節約することはとっても大事です。
節約をすることは『お金を稼ぐこと』と同じだからです。
節約して浮いたお金を貯金するのではなく、投資』に回すと更にお金を増やすこともできます。

とは言っても

何から始めたらいいのかわからない!

ですよね。最初はみんなわかりません。

今回は取り組みやすい【飲食編】節約方法をご紹介していきます。
自分に合ったものからぜひ実践してみてください!

コンビニはなるべく使わない

コンビニは身近にあり、手軽に行けて便利ですよね。
ですが、スーパーやドラッグストアに比べて値段が高いのが難点です。

コンビニ限定スイーツが食べたいときなら仕方がないですが、スーパーやドラッグストアにも売っているものはコンビニでは買わないようにしましょう。

たばこは吸わない

たばこを吸っている方は節約のためにも健康のためにもやめるべきです。

仮に毎日500円のたばこ1箱を吸っているとすると
1ヶ月で15000円
1年で18万円
10年で180万円
30年で540万円
50年で900万円

こんな大金になるんですね。
単純計算してみましたが、たばこ税は年々上がっているので実際はもっと多額のお金になることが想像できます。

ゆな
ゆな
ちりも積もれば山となる!

たばこを辞めるだけでこんなにもお金が浮きます。私は一度も吸ったことがないので浮いています。これを機に辞めてみましょう。

お酒の量を減らす

お酒を飲むとテンションが上がって楽しいですよね。
でもその分、普通にご飯を食べるよりもお金がかかってしまいます。

仮に週に1回4000円程度の飲み会に行っているとすると
1ヶ月で16000円
1年で19万2千円

週に1回飲み会に行くだけで1年でこんなにもお金を使うことになるんですね。

お酒の飲みすぎは健康にもよくないですし少しずつでもいいのでお酒を減らすことを検討してみましょう。減らした分だけお金が浮きますよ!

会社にはお弁当を持っていく

会社でのお昼ご飯代って結構な金額ですよね。

仮にコンビニで毎日400円分ご飯を買うとすると
1ヶ月で8000円
1年で9万6千円
10年で96万円
30年で288万円
50年で480万円

長い目で見るとかなりの金額になります。日々の積み重ねって怖いですね。
これをお弁当に変えると大幅に節約できます。

そんな立派なお弁当を作る必要はありません。
前の日の夜ご飯の残りだったり、スーパーに売っているお弁当のおかずを入れるだけでよいと思います。

私は業務スーパーで安いおかずを買ってます。
ぜひ参考にしてみてください。

外食はなるべくしない

普段の食事も自炊することで外食するよりも大幅に安く済ませることが出来ます。
めんどくさい時は、レトルト食品冷凍食品を使うと楽に安く美味しいご飯を食べることが出来ますよ♡

でも、たまには外食したくなりますよね。
そんな時は株主優待券ジェフグルメカードを使いましょう。
ヤフオクやラクマで簡単に買えますよ!

もっと違うところで外食したい!って方はファンくるがおすすめ!
ファンくるは、美容・通販・外食など、一定の条件をクリアすることで支払った金額の
30%~100%が謝礼としてもらえるサービス。
美味しいご飯を食べつつ、お金が貰えてしまう神サイト♡

飲み物は極力水にする

あなたは普段何を飲んでいますか?
お茶・コーヒー・紅茶・ジュース・お酒などいろんな種類の飲み物がありますよね。

今の私はほぼ毎日水しか飲んでいません。
ですが、以前は味のない飲み物が嫌いで水なんて飲む意味ないとさえ思ってました(笑)

ゆな
ゆな
あの頃は若かった

ですが、3年ぐらい前から健康のことを考え、ジュースでなくミネラルウォーターを
選ぶようになりました。
そうなると水で満足できるようになりました。
むしろ『水がいい!』とさえ思います!

みんなでご飯に行ったりするときはジュースを飲むこともありますが、普段は水のみで生活しています。

水嫌いだった私がここまで水好きになれました。きっとあなたも水の魅力にハマるはず!
少しずつ水を取り入れていくことをおすすめします!

水の魅力と、格安で買えるミネラルウォーターを紹介しています。
ぜひ読んでみてください

おわりに

飲食編だけでもできることはこんなにあります。
1日の数百円が1年の何十万円になります。
すぐにお金を増やすのは難しいですが、徐々にコツコツ増やしていくのは案外簡単なことです。最初はめんどくさいな~と感じるかもしれませんが、継続して続けると何とも思わなくなってきます!
少しずつ始めてみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です